Maschine StudioでReaperをコントロールする(MCU)

NativeInstruments社のDTM用ハードウェア「Maschine Studio」を使って、
cockos社製DAWソフト「Reaper」を操作する方法を紹介します。

実際設定してみて気になったところ、注意点もあったので
今回はそういう点も残しておきます。


参考にしたページ


◯ Using MASCHINE's Host Transport Control Feature in Reaper
NativeInstruments公式の方法です(英語)
書いてある通りに設定すればいいのですが、注意点もあります。

◯ Mackie Control (MCU) Parameter ID codes/template
こちらも公式フォーラムのスレッドより。(英語)
マッキーコントロールのパラメーターIDと説明が載っています。

Mackie Controlとは、MACKIE社が取り決めたコントロール・サーフィスの設定のことです。
Reaper以外のDAW(CubaseやLiveなど)や、一部動画編集ソフトのコントロールにも採用されています。


気になったところ・注意点



エラーが出た
errorreaper20170713.jpg
reaper20170713.jpg

Reaperの設定で、MIDIデバイスでMaschine Studio Inが有効になっていると、
マッキーコントロールを設定したときにエラーが出て使用できません。(MIDIデバイスとしては使用できます。)

あらかじめ無効にして、マッキーコントロール専用にしておくことをおすすめします。


画面の拡大縮小の方法
maschinenavigation170713.jpg
reaperscale170713.gif

GroupEがDAW画面のスクロールや拡大縮小に当てられています。

スクロールと、拡大縮小は同じボタンを使うので、
交互に使い分けるときは”Zoom”を一度押してから使います。
どちらもちょっと押すだけでも、長押しでも反応します。

”Zoom”のオンオフが分かりづらいので
「スクロールしようと思ったら拡大した」なんてことがときどきありました。






僕自身は、ソフトのMASCHINE2をスタンドアロンで使い、
Reaperでは録音のみであまりトラックをつかわないのですが、
もしかしたら今後使うかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

痛风

Author:痛风
足りない才能は気合と根性でカバー!
あとは毎日の積み重ねしかない!押忍ッ

ギターコード

最新コメント

最新トラックバック

Inニコ動

検索フォーム

QRコード

QR